×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Profile


安部 泰朗
あべ やすろう
1978年5月18日生

幼少時よりピアノを習い、中学高校とトロンボーンを演奏する。 大学時代よりBig Band、日本大学Rhythm Society Orchestraに加入、ラテンパーカッションを始める。
Latin Jazz、Mambo、Salsa、Bossa nova、Samba、Afroなどのラテン諸国のリズム やFunk、Soul、Fusionなどの音楽を学ぶ。サークル引退と共にプロを目指す。

2004年10月PianoとPercussionのDUO『Foxtailgrass』を結成。
翌11月横浜みなとみらいにあるPanPacific Yokohama Bay Hotel Tokyuが主宰する、
『新人ジャズ演奏家オーディション』に合格し、同ホテル内のカフェ・トスカにてプロミュージシャンとしてデビューする。
その後2年間同カフェにて演奏を続ける。
同時に日本各地でのライブ活動、保育園や小、中学校、高校等を回る音楽教育活動も精力的に行う。

2005年5月キューバ政府からの招聘により、キューバ国際音楽見本市『CubaDisco2005』に参加。
現地ではキューバ音楽のTop Musicianたちとの競演を果たし、好評を博す。
また、キューバからの帰国途中にNYにも立ち寄り現地のMusicianと交流をおこなう。
帰国後、Motion Blue横浜にて凱旋コンサートを開催、成功を収める。
その後は自身のDUO等を主に活動を展開し、小学校、老人ホーム、温泉、カフェ、コンサートホールなど、場所を問わず様々な場所での演奏を繰り広げる。
Yokohama Jazz PromenadeなどのJazz Festivalにも積極的に参加。

2008年2月『Foxtailgrass』でAlbum『ありがとうのうた』を発表。
FM立川、FM多摩、FM Yokohamaなど各地のFM局を回り、出演。

2010年自身のトリオ『JAZZ con Alma』を結成。ライブシーンとダンスシーンの両方を行き来する独自のスタイルで新しい音を模索する。 また同7月Latin Grammy賞ノミネートアーティスト、Hector Martignonとの競演を果たし高い評価を得る。


その類稀なる歌心とリズム感から、『歌うパーカッショニスト』と呼ばれ、各方面から高い評価を受ける。


共演アーティスト、及びバンド(敬称略、順不同)

国内アーティスト: 大儀見 元、カルロス菅野、仙道 さおり、都築 章浩、藤井 摂、奥山 勝、深井 克則、キャロル山崎、
中路 英明、美座 良彦 等

海外アーティスト: Sal Cracchiolo、Eric Marienthal、Jimmy Bosch、Wilson Chembo Corniel
Adalberto Alvarez Y Su Son、Los Van Van、Bamboleo、Oscar Vardes Y Diakara、Son Damas、
Hector Martignon 等




★ Topへ ★